長谷川雅一の ハッピーライフマガジン 最新号

無料メルマガ(ハッピーライフマガジン) 最新号を読む

 株式会社プレコオンラインでは、株やFXなどについての情報や、楽しいエッセイなど満載の無料メールマガジン、
『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』
 を発行しています。

最新のイベント情報掲載号は、まもなく配信です

2015年11月~2016年1月のイベント情報

2015年11月25日(水) Windows10対応「株ロボ RS10」発売

 Windows10に対応する「株ロボ RS10」を発売します。
 

2015年11月20日(金) プロトレーダー養成塾「入塾説明会」開催

 プロトレーダー養成塾の「入塾説明会」をオンラインセミナーの形で開催します。

2015年11月21日(土) 「株ロボ RS10」導入説明会

「株ロボ RS10」の導入説明買いをオンラインセミナーの形で開催します。

長谷川雅一のハッピーライフマガジン 最新号(No.112)

もうすぐ「まぐまぐ」とお別れです/ヘビは壁を垂直に登る(No.112)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■長谷川雅一の Happy Life Magazine  2015年8月1日(土) No.112
────────────────────────────────
発行/〒509-7202 岐阜県恵那市東野1327-3 株式会社プレコオンライン
   金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第123号 代表:長谷川雅一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お元気ですか?
 投資アドバイザーの長谷川 雅一(はせがわ まさかず)です。

 突然ですが、ヘビが、壁を垂直によじ登れることをご存知ですか?
 昨日も、ウチの玄関わきの壁に、ヘビが垂直によじ登っておりました。
 ツルツルの窓ガラスにへばりつくような形で。

「なんで登れるんだ?」と不思議に思いますが、ヘビは、窓ワクなどに
体の一部をひっかけて、バランスをとりながら、上手に壁をよじ登るん
ですね。

 壁をよじ登るヘビの目的は、ウチのツバメちゃんの雛。
 雛たち(4羽います)は、かなり大きくなったのですが、ヘビにとって
は「食べ頃」の「ごちそう」なのでしょう。

 ツバメちゃんの巣は、さすがのヘビも到達するのが難しい場所にある
ため、今のところ雛たちは無事です。
 でも、常にヘビが雛を狙っていると思うと心配で、ときどき「警護」
に行ってます。

 それにしてもヘビは、ツバメの巣に「ごちそう(雛)」がいることを、
どうやって察知したのでしょう。
 目で見るのか? 音を聞くのか? 匂いなのか?

 獲物の居場所を知る能力といい、壁をよじ登る能力といい、ヘビって
すごいなと、変に感心してしまいます。

 ◆「LiveSignal24」まもなくサービス開始!

 リアルタイム投資情報サービス「LiveSignal(ライブシグナル)24」は、
「今、米ドル/円を122円で買い推奨」といった、リアルタイム売買推奨
「ライブシグナル」を中心に、株とFXのタイムリーな投資情報を365日、
24時間態勢でお届けします。

 ご利用料金は月額5,400円(税込)。
 現在、全力で配信システムを開発中です。
 準備ができしだい販売を開始します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■PR■ 完全自動売買システム「株ロボRS08」好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆値下げしました ──あこがれの完全自動売買がグンと身近に

「株ロボ」の開発費を、60万円+税(パソコン代別)に値下げしました。
 銘柄選びも、売買注文も、利食い、損切も、すべておまかせの完全自
動売買を実現するチャンスです。自分で選んだ銘柄の自動売買も可能。

 株式相場に翻弄されて、お疲れではありませんか?
「放っておける幸せ」をあなたも体験されませんか?

・詳しくは「株ロボRS08」導入セミナーを受講してください。
http://www.preco.co.jp/index.php?go=TMp8N7

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ハッピーライフ雑記帳:           by 長谷川 雅一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆「まぐまぐ」に感謝

 メルマガ配信サービスの「まぐまぐ」さんにお世話になって約20年。

 最初に書いておきたいのは、「まぐまぐ」のおかげで、僕は生きるこ
とができた、と思えるほど、「まぐまぐ」に力を与えられたことへの感
謝です。

 長男に生まれ、田舎から出ることを許されなかった僕に、「まぐまぐ」
は、ネットの世界でなら自由に羽ばたけることを教えてくれ、僕に、ネ
ットで羽ばたくための翼を与えてくれました。

 もしも「まぐまぐ」がなかったら、僕は、ひたすら「長男に生まれた
不遇」や、その結果としての「不自由で、つまらない人生」を嘆きなが
ら、この年齢を迎えていたことでしょう。

 ◆メルマガを「自社配信」に切り替えます

 メルマガを書き続けて、約20年。
 時は流れ、時代は変わりました。

 以前、「メルマガの配信をやめるかもしれない」と書いたことがあり
ましたが、その後も、こうしてメルマガを出し続けています。

 今後も、メルマガをやめるつもりはありませんが、この8月に、メル
マガ配信の「しくみ」を大きく変えることにしました。

 具体的には、メルマガを自社配信することに決めました。
 従来、「まぐまぐ」経由で出していた、このメルマガを、「まぐまぐ」
経由ではなく、自社配信に切り替えます。

 今後は、1週間に2~3回、あるいはそれ以上の頻度で、本誌を「自
社配信」します。
「まぐまぐ」経由の発効は、月に1回程度、あるいはそれ以下の頻度と
します。

 本誌は、実質「まぐまぐ」から「独立」することになります。

 ◆もうメルマガは読まれていない

「まぐまぐ」から「独立」する理由は、いくつかありますが、主な理由
は、
「メルマガが読まれていないこと」です。

 ここまでストレートに書いてしまって、どうか、とも思うのですが、
もう「まぐまぐ」経由の無料メルマガは、一般に「読まれていない」の
です。(有料メルマガは読まれていると思います。)

 このこと(メルマガが読まれていない)は、以前にも書きました。
 そして、「だから(読まれていないから)、配信をやめるかもしれない」
と書きました。

 その後、読者さんから、
「私は読んでいますよ。楽しみにしています。だから、やめないでくだ
さいね」といったメールをいただきました(ありがとうございました)。

 しかし、こうした「読者さんの反応」の総数を含め、ほぼ20年にわた
るメルマガ発行経験から、
「やっぱりメルマガは、もう、ほとんど(一般に)読まれていない」と確
信しました。

 このメルマガの発行部数は、現在、約1万5000部です(最盛期は約4
万部でした)が、実際にお読みいただいているのは、登録者数の1%程
度かそれ以下で、100名~150名ほどだろうと推測しています。

 もちろん、このメルマガを毎回お読みいただいている読者さんは、僕
にとって、とてもありがたく、大切な存在です。感謝しています。

 ◆楽天(三木谷さん)がメルマガを殺した

 現在、一般的な登録者さんの場合、「届いたメルマガはゴミ箱にポイ」
です。
 あるいは、「フィルタリング機能で(登録者さんの目にふれることも
なく)ゴミ箱にポイ」です。

 これは、僕のメルマガ運営の悪さや、メルマガの内容にも起因する話
であり、「まぐまぐ」が悪いわけではありません。
 もちろん「まぐまぐ」の運営が完璧だったわけでもありませんが、む
しろ、メルマガをダメにした悪いヤツがいるとしたら、それは「楽天」
です。

 もともと、メルマガの世界は平和でした。
 発行者は書くことを楽しみ、読者は読むことを楽しみ、そして、メル
マガは、返信すれば、そのメッセージが発行者に直接届くことから、発
行者と読者の「交流」も生まれたのです。

 そこに黒船のごとく現れたのが「楽天」。
「楽天」は、メールを「単なる商売道具」と位置づけ、読者さんの気持
や都合を無視して、ミサイルを撃ちまくるように、メルマガを乱発しま
した。

 それはもう、ひどいマナー違反の蛮行でしたが、カネ儲け優先の楽天
(三木谷さん)は、読者の「都合」や「気持」など、おかまいなし。
 おそらく、「○通メルマガを発行すると、○円売上が伸びる」みたい
に数字をはじいて行動されたのでしょう。

 メルマガは、メール(手紙)ではなくなり、広告になりました。
 その結果、彼(三木谷さん)は大富豪になりました。
 さぞ、ご満足でしょう。

 そして彼は、同時にメルマガ文化を殺した。メルマガ文化を破壊した。
 彼は、
「メルマガ=迷惑メール」という「公式」を確立したのです。

 まあ、楽天だけでなく、同じような行為を、いろんな人がやりました
から、彼だけが悪者ではありませんが、楽天(三木谷さん)がメルマガを
殺した「主犯」であると、僕は確信しています。

 ◆「迷惑メール」は配信したくない

 楽天(三木谷さん)のご活躍の結果、平和なメルマガの世界に変化が起
きました。
 なんと、メルマガを発行しているだけで怒られるようになったのです。

「勝手にメールを送るな! おまえを訴えるぞ!」
 といったメールを、僕は何通、受け取ったか、わかりません。

 もちろん、勝手に送った覚えはなく、メルマガを受け取った方が、ご
自身でメルマガを登録したから配信されたのですが、なかばダマすよう
に(本人がわからないうちに)メルマガ登録や配信が行われるようなしく
みが横行した(これも主に楽天がやった)結果です。
 これまた、僕は、そういったしくみは利用していませんが...。

 最近は、フィルタリング機能などを使うことが一般化したので、メル
マガ発行者が文句を言われることは少なくなりました。
 しかし、せっかく発行しているメルマガを、「迷惑メール」扱いには
されたくありません。

 現在、「まぐまぐ」経由で僕のメルマガに登録している人の99%は、
僕のメルマガを「迷惑メール」として扱い、ゴミ箱にポイしています。

 僕は、「迷惑メール」は配信したくありません。
 ここで、いったん「まぐまぐ」から独立して、本当に、僕のメルマガ
を読みたいと思ってくださっている方だけに配信したいのです。

 ◆「まぐまぐ」からメルマガを配信する理由がなくなった

「まぐまぐ」そのものも変わりました。
 以前のような見やすいサイトがなくなり、閉鎖された会員制的な空間
になりました。
 メルマガを自由に選んで登録する、といった感覚ではなくなりました。

「まぐまぐ」が現在、力を入れているのは「有料メルマガ」であり、
「無料メルマガ」の位置づけは低くなっています。
 要するに、「まぐまぐ」は、「有料メルマガを販売するためのサイト」
に変わったのです。

 その結果、無料メルマガの配信は後回しにされ、届くまでに時間がか
かるようにもなりましたし、以前は、「まぐまぐ」からの配信を続ける
ことで、読者さんが自然に増える傾向にありましたが、今は、そういっ
た効果もありません。
 読者さんは自然に減る一方です。

 お世話になった「まぐまぐ」さんに対して、大変失礼な書き方になっ
てしまって恐縮ですが、もう「まぐまぐ」からメルマガを配信する理由
がなくなってしまったのです。

 ◆「自社配信版」ご登録方法などは...

 そんなわけで、「自社配信」の決意をしたという、今回の話は、ここ
までです。

 本誌の「自社配信版」のご登録方法などは、次号でご案内します。
 今後とも、本誌をよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■PR■ 完全自動売買システム「株ロボRS08」好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆平日の夜、土日祭日も、「株ロボRS08導入セミナー」を実施中!

 たとえば、「今晩、導入セミナーを受講したい」というご要望にもお
応えできます。
 すぐに受けたいという場合は(090-3588-9600に)お電話ください。

 現在、「ミラートレード機能の強化(リアルタイムコントローラの搭
載)」「株ロボが独立して自動売買を行う機能の再搭載」「複数の自動
売買ストラテジの追加」などの機能強化を、順次実行中。

・新シグナルのバックテストグラフなど、株ロボの詳細はこちら。
http://www.preco.co.jp/index.php?go=aefkyh

※「株ロボ」ユーザー様は「LiveSignal24」を無料でご利用可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記:  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 殺人的な暑さが続きますね。

 冷房がなければ、個人的には、もう死んでるんじゃないかと思います
が、冷房とは、室内を涼しくして、熱風を外に排出する装置です。
 そもそも、冷房がなければ、こんな殺人的な暑さもなかったかもしれ
ません。

 つまり、人類がいろんな「文明」を築いた結果、このような殺人的な
暑さという「反動」が出ている面があるわけです。

 そう考えると複雑ですね。
 ツバメの雛が暑さで死なないか、心配です。

 そうそう、ツバメにとって、ヘビより恐い生き物がいます。
 それは、空気を汚して地球温暖化をまねき、ツバメたちがエサとして
いる虫を殺虫剤で殺しまくる「人間」です。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■PR■ 投資教室「プロトレーダー養成塾」受講生募集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆そうか!こうすれば勝てるのか! 目からウロコの実戦講義!

 1日5万円~10万円のトレーディング収益を目標に、経験豊かなトレ
ーダーが、完全個別指導(マンツーマン)で、理論と実技を徹底指導。
 プロの投資家を目指す方のための本格的な投資教室です。

 実戦講義はたっぷり90分×12回。あなたの目の前で、実際に「勝つ」
トレードを実演しながら、トレードで勝つためのポイントていねいに解。
説します。
 すべての講義を長谷川雅一が直接担当。まずは体験レッスンから。

・「プロトレーダー養成塾」のご案内と詳しい説明(全12ページ)
http://preco.co.jp/index.php?go=qx59HN
・「プロトレーダー養成塾」の体験レッスン申し込み
http://preco.co.jp/index.php?go=c01Dog

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行/〒509-7202 岐阜県恵那市東野1327-3 (株)プレコオンライン
■ホームページ http://www.preco.co.jp ■E-Mail: m@preco.co.jp
■電話:0573-25-9600 長谷川直通:090-3588-9600
■取材・分析・執筆・編集:長谷川 雅一(はせがわ まさかず)
※本メルマガはまぐまぐで配信している「ハッピーライフマガジン」の
 独自配信版で「LiveSignal24」で配信するメール中の1つです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ プレコオンラインへのお問い合わせは…
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第123号 株式会社プレコオンライン
電話:0573-25-9600(土日祭日含む朝10時~夜10時まで電話受付)