株+FX+CFDマルチ自動売買ソフト「ロボトレーダーRT10」-5(QandA)

ロボトレーダーの情報は全9ページです。下のボタンで各ページに移動します。

[5] 「ロボトレーダーRT10」Q&A

ロボトレーダーQ&A

あなたの疑問に弊社代表・長谷川がお答えします

「ロボトレーダーRT10」について寄せられる、よくあるご質問に、ロボトレーダーの開発・販売・運用責任者である、弊社代表・長谷川が回答します。

ロボトレーダーについてのお問い合わせ/ご質問/ご相談は…

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」サポートのイメージ

 このQ&Aページに「ない」ご質問は弊社サポートにおたずねください。
●電話:090-3588-9600(長谷川ケータイ直通)
    0573-25-9600(固定電話)
※土日祭日含む、朝10時~夜10時まで、電話受付中。
●メール: m@preco.co.jp
※「ロボトレーダーRT10」導入のご相談も承ります。
 下のボタンをクリックして、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせいただくこともできます。ご利用ください。

お問い合わせフォームボタン

「ロボトレ導入セミナー(無料)」のご案内

Webセミナーのイメージ

 弊社の「ロボトレーダー導入セミナー(無料)」を受講されると、ロボトレーダーや株、FX、CFDの自動売買のすべてがわかります。
 ご自宅で、都合のいい時間に受講できる、マンツーマンのオンラインセミナーをご利用ください。

ロボトレ導入セミナー申し込みボタン 申し込みボタン

土日祭日も夜間も「ロボトレ導入セミナー」を実施しています。

【Q】ロボトレーダーはどのような自動売買を行うのですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」はどのような自動売買を行うのですか? 自動売買というからには「システムトレード」ですか?

【A】「システムトレード」と「ミラートレード」を組み合わせた自動売買です

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

相場の動きが複雑化しており、もう単純な「システムトレード」では勝てません。「ロボトレーダーRT10」では、システムトレードを一歩進めた自動売買運用を行っています。

単純な「システムトレード」では勝てない時代

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」単純なシステムトレードでは勝てない時代

「システムトレード」とは、一定のルールのもとに機械的に売買をくり返すトレードの手法です。通常「自動売買」と言えば「システムトレード」によるものであることが常識です。
「システムトレード」は固定的な設定で行われます。しかし、相場の状況は日々、めまぐるしく変わります。
「売買システム」には寿命があります。過去データによるバックテストで一定期間の有効性が認められた売買システムが、そのあとも有効であるとは限りません。
 実際、リーマンショック以前は、簡単に言えば「安くなったところで買う」売買システムが有効でした。しかし、リーマンショック以後は、「安く買う」売買システムの有効性が失われました。
 また、現在の日本の株式市場は、政府による過剰関与のため相場が動かなくなっており、有効な売買システムの構築がほとんど不可能になっています。
 つまり、誤解を恐れずにハッキリ申し上げれば、今は、「単純なシステムトレードでは勝てない時代」なのです。
 日銀が年間80兆円の国債を買い、6兆円の株を買う。こうした「異常」な相場で「システムトレードだけの自動売買」はかえって「もろい」のです。

あらゆる相場に対応すべく柔軟な手法で自動売買します

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」ハイブリッドミラートレーディングのイメージ

 こうした変化に対応すべく、弊社では、一定のルール通りの売買を繰り返す「システムトレード」と、経験豊かなトレーダー(人間)の売買を、そのまま実行する「ミラートレード」を組み合わせる「ハイブリッド・ミラートレーディング(HMT)」で自動売買を行っています。
 また、テクニカル分析についても指標の数値を固定化しない「Variable Thechnical Analisys(VTA)」を用い、相場の変化に柔軟に対応しながら自動売買を行っています。
「ロボトレーダーRT10」の自動売買は、システムトレード(デジタル)と人間の知恵と経験(アナログ)をうまくかけあわせた(ハイブリッドな)トレード手法です。

【Q】投資資金はいくら用意すればいいですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」を導入する場合、投資資金はいくら用意すればいいでしょうか?

【A】まずは50万円程度ご用意ください

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

まず50万円程度から始めて、状況に応じて資金量を増減させたり、株、FX、CFDの資金比率を変えるなど調整してください。

必要な資金はどのロボットを動かすかによっても変わります

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」お金を育てるイメージ

「ロボトレーダーRT10」の運用に必要な資金は、どの自動売買ロボットを動かすか、どの自動売買ロボットを中心に稼働させるかによって異なります。
「株の自動売買ロボット(K-Robo)」だけを動かす場合でしたら、投資資金は50万円程度からスタートできますが、できれば、100万円以上を証券取引口座にご入金いただくのが理想です。
「FXの自動売買ロボット(F-Robo)」だけを動かす場合も、50万円程度の投資資金からスタートできます。
「CFDの自動売買ロボット(C-Robo)」だけを動かす場合も、50万円程度の投資資金からスタートできます。

3ロボットをフル稼働する場合200万円以上あれば理想的です

 3つの自動売買ロボットをすべて稼働させる場合は、合計で100万円~150万円程度からスタートできます。
 すべての自動売買ロボットを動かす場合は、200万円~300万円程度の投資資金があれば理想的です。

投資資金は慎重に増やしてください

 より多くの投資資金を「ロボトレーダーRT10」で運用することも可能です。その場合は、「ロボトレーダーRT10」の「発注倍率」を上げてください。
 ただし、投資のリスクが増大しますので、いきなり発注倍率を大きくされることは推奨しません。50万円~100万円程度からスタートしていただき、状況の応じて加減したり、株、FX、CFDへの配分を変えてください。
 資金配分などに迷われる場合は、ユーザーさん向けの「運用セミナー(無料)」をご利用いただけます。もちろん、お電話やメールでのご相談も承っています。

【Q】ロボトレーダーが対応する証券会社はどこですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の自動売買に対応する証券会社はどこですか? 今、口座を持っている証券会社が使えるとありがたいのですが。

【A】対応証券会社は非公開です

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

ロボトレーダーは複数の証券会社に対応していますが、どこの証券会社に対応しているかについては非公開です。

対応証券会社は導入セミナーでお伝えしています

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」イメージ画像

 現在対応している証券会社や、今後対応を予定している証券会社については、「ロボトレーダー導入セミナー(無料)」でお伝えしています。
 対応する証券会社に取引口座をお持ちでない場合は、新たに開設していただく必要があります。
 弊社では、自動売買の発注で対応する証券会社のサーバーに負荷がかかるなどの問題が起きないよう、万全の配慮のもとで自動売買ソフトを開発しています。
 また、短時間で売買をくり返して小さな利ざやを稼ぐような証券会社が「困る」売買はしませんし、「相場操縦」と見なされるような不正な売買、問題のある売買も行いません。
 なお、「ロボトレーダーRT10」が自動売買で使う証券会社の口座は「ロボトレーダー専用」としていただき、原則としてご自身の(手動の)売買は行わないでください。

【Q】ロボトレーダーの期待収益は? 運用実績は?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」を導入した場合、どれぐらいの収益が期待できますか? また、運用実績はどうですか?

【A】株+FX+CFDの自動売買で収益の最大化を目指します

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の前身である旧「株ロボット」は、株の売買だけを行う自動売買ロボットでした。しかし「株だけ」の自動売買の場合、たとえば現在(2016年10月)のように政府の過剰な関与で相場が動かなくなってしまっているような場合、長期間、売買チャンスがなくなってしまいます。
 そこで「投資のチャンスを最大化したい」という願いのもと、弊社はFXやCFDの自動売買も可能な「ロボトレーダーRT10」を開発しました。
 現在、「ロボトレーダーRT10」による株+FX+CFDの自動売買運用で収益の最大化を目指しています。

最新の期待収益や運用実績は「導入セミナー」でご説明します

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」収益のイメージ

「ロボトレーダーRT10」の自動売買運用で、どの程度の収益が期待できるか? については、そのときの相場の状況も考慮した上でお答えする必要があると考えますので、最新の期待収益や運用実績については「ロボトレーダー導入セミナー(無料)」で詳しくご説明しています。
 相場では、いつ何があるかわかりません。「ロボトレーダーRT10」の運用についても「年間○%程度期待できます」「月に○万円程度期待できます」というように運用益を保証することはできませんし、運用がマイナスになることもありえます。
 2016年の運用益は、10月までで約+33%ですが、これは「株だけ」の運用実績でありFXの運用実績は入っていません。「ロボトレーダー」でFXの自動売買を開始したのが2016年10月だからです。FXやCFDの運用が進めば、さらなる収益アップが望めると考えています。

【Q】自分の売買も並行して行えますか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」を稼働しながら、同じ証券会社で自分の取引を並行することは可能でしょうか?

【A】できる限り避けてください

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

原則として「ロボトレーダーRT10」が自動売買で使う証券取引口座は「ロボトレーダー専用」としてください。「365FX」や「日経225先物」などロボトレーダーの自動売買と分野が異なるトレードについては「混在」可能です。

証券口座は「ロボトレーダー専用」にしてください

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」口座はロボトレ専用にしてください

 ロボトレーダーは、自分が建てたポジションと、それ以外のポジションを区別して自動売買しますので、上記のような取引でも正確に処理します、ロボトレーダーの自動売買と手動の売買が混在すると、思わぬ誤発注につながる恐れがないとは言えませんので、このような取引は避けてください。
 ただ、「ロボトレーダーRT10」で、株、FX、CFDをトレードされ、自分は同じ証券会社で「日経225先物」取引を(手動で)行う、というようにジャンルが違う金融商品を並行して売買していただくことは可能です。
 また、ロボトレーダーはFXの自動売買を行いますが「365FX」の取引は行いませんので、「365FX」についても、ご自身で(手動で)取引していただいてもかまいません。
 しかし、「ロボトレーダーRT10」でFX取引をしながら、同じ証券会社でご自身のFX取引を並行して行うことは避けてください。
「ロボトレーダーRT10」が使う証券会社の口座は、原則として「ロボトレーダー専用」としてください。 

■「ロボトレ導入セミナー(無料)」ですべてがわかる

Webセミナーのイメージ

 弊社の「ロボトレーダー導入セミナー(無料)」を受講されると、ロボトレーダーや株、FX、CFDの自動売買のすべてがわかります。
 ご自宅で、都合のいい時間に受講できる、マンツーマンのオンラインセミナーをご利用ください。

ロボトレ導入セミナー申し込みボタン 申し込みボタン

土日祭日も夜間も「ロボトレ導入セミナー」を実施しています。

さらにQ&Aが続きます

 このあとも、さらに「ロボトレーダーRT10」のQ&Aが続きます。

【Q】「ロボトレーダーRT10」に操作マニュアルはありますか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の操作マニュアルはありますか?
もしあれば、参考までに拝見したいのですが。

【A】設定や操作が簡単なのでマニュアルはありません

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image
株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」マニュアルがなくても大丈夫なイメージ

「ロボトレーダーRT10」は、導入後、対応する証券会社の口座番号などをご入力していただければ、そのまま自動売買を実行する、取り扱いがとても簡単なソフトです。
 初期設定も簡単で、特に「操作」の必要もないため「操作マニュアル」はご用意しておりません。(ソフトにはヘルプをご用意しています。)
 なお、導入から運用開始までの「初期設定」については、メールでガイドをお送りしています。
「設定がわからない」という場合は、お電話で、わかりやすくガイドさせていただいておりますし、「設定が面倒だ」という場合には初期設定の代行も行っています。

【Q】株の「特定口座」には対応していますか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

株取引で「特定口座」を利用しています。「ロボトレーダーRT10」は「特定口座」に対応していますか?

【A】「ロボトレーダーRT10」は特定口座に対応しています

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

はい。対応しています。「特定口座」を使った運用が可能です。
源泉徴収あり、なし、どちらでも選べますが、通常は「源泉徴収あり」をお選びください。

【Q】手持ちのPCにロボトレをインストールして使えますか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

自分のパソコンが1台空いています。そのパソコンに「ロボトレーダーRT10」をインストールすれば、パソコン代が浮くのでありがたいのですが可能でしょうか?

【A】パソコンをお預かりしてお調べする必要があります

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

まず、そのパソコンをお預かりして「ロボトレーダーRT10」として使えるかどうかお調べしたいと思います。
ロボトレーダー用のパソコンとして使えるようなら「ロボトレーダーRT10」をこちらでインストールして納品することが可能ですが、パソコンの状態によってはダメかもしれませんし、パソコンを調整する手数料をいただかなくてはならないかもしれません。

ロボトレーダー「専用パソコン」のご購入をおすすめします

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」手持ちのPCにインストールできるか調査するイメージ

 弊社では、「ロボトレーダーRT10」を導入される場合、弊社経由でロボトレーダー専用パソコンを購入されることをおすすめしています。
 この際、弊社はパソコン代金に「利益」や「手数料」は上乗せしておらずパソコンの販売については利益をいただいておりません。法人割引きなどが効くため比較的安く販売させていただいております。
 弊社の推奨パソコンではないパソコンを利用される場合、機種によってはロボトレーダーが動作しないものがありますし、使い込まれたパソコンですと、インストールされているソフトがロボトレーダーの動作に悪影響を及ぼすケースもありますので、お手持ちのパソコンに「ロボトレーダーRT10」をインストールご希望の場合、いったんパソコンをお預かりしてお調べする必要があります。
 お調べした結果によっては「利用できない」ということになるかもしれませんし、「パソコンを調整する手数料」をいただかなくてはいけないケースもありえます。
 お客様がご自身のパソコンをロボトレーダーに使いたいという場合は、可能な限りご希望に応じていますが、できるだけ専用パソコンをご購入ください。

パソコンは「ロボトレーダー専用」としてください

 なお、日常業務に使っているパソコンに「ロボトレーダーRT10」もインストールしたい、といった使い方は非推奨です。つまり、「ロボトレーダーRT10」を動かすパソコンは、「ロボトレーダー専用パソコン」としてお使いいただく必要がある、ということです。

【Q】「ロボトレーダーRT10」のサポート体制は?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

導入後、「ロボトレーダーRT10」の使い方についての質問、運用についての相談、パソコンの操作、故障、不調などについての相談はできますか?

【A】電話サポートやパソコン引き取りサポートなど充実の体制です

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の運用に関係するあらゆるトラブルやご質問に対応するサポート窓口をご用意しています。

長時間受付の電話サポートをご用意しています

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」サポートのイメージ

「ロボトレーダーRT10」の電話サポートは、土日祭日含む、朝10時~夜10時まで。
 メールやファックスでのご質問、ご相談は、終日受け付けています。
 サポートは基本的に、開発、運用責任者の、弊社代表・長谷川が直接担当しています。
 開発、運用責任者といつでも電話でダイレクトにお話しいただける安心のサポート体制です。
 運用についての質問はもちろん、パソコンのトラブルなど、ロボトレーダーの運用にかかわることはすべてサポートの対象です。
 なお、時間帯によっては電話に出られない場合がありますが、留守電にメッセージを残していただければ、できるだけ早くコールバックさせていただきます。

故障の場合は引き取りサポートをご利用ください

「パソコンが壊れてしまった。調子が悪い」といった場合は、弊社の「引き取りサポート」をご利用ください。
 パソコンの本体のみを、弊社あてにお送りいただけば、面倒な修理対応はすべて弊社が代行します。
 弊社では、納品時のパソコンの「箱」を捨てずにお取り置きいただき、故障時などの返送の際お使いいただくよう、おすすめしています。

「パソコンお預かりサービス」もあります

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」パソコンお預かりサービスのイメージ

「パソコンの操作が苦手だ。トラブルが起きたとき解決する自信がない」
「自宅にパソコンを設置するスペースがない」
「長時間勤務なので、パソコンを家に置いて仕事に出かけるのが不安だ」という方のために、「パソコンお預かりサービス」をご用意しました。
 これは、ユーザーのパソコン(「ロボトレーダーRT10」)を弊社でお預かりして、稼働、見守、保守を行うサービスです。
 パソコンにトラブルが発生しても即座に対応しますし、停電などのトラブルも心配ありません。
 お預かりサービスの利用料金は年額12,960円(税込)です。ただし、お預かりできる台数に限りがありますので、お申し込みいただいてもお受けできけない場合がありますことをご了承ください。

【Q】バージョンアップは有料ですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」のバージョンアップは有料でしょうか? また、バージョンアップはどの程度の頻度で行われるのでしょうか?

【A】ほとんどが無償ですが有償の場合もあります

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「ロボトレーダーRT10」は高頻度でアップデート(バージョンアップ)を行います。こうした通常のバージョンアップは、原則無料です。
新製品の開発などに伴う、大がかりなバージョンアップではバージョンアップ料金をいただく場合がありますが、3~5年に1度(有償バージョンアップが)あるかもしれない、という程度とお考えください。

■「ロボトレ導入セミナー(無料)」ですべてがわかる

Webセミナーのイメージ

 弊社の「ロボトレーダー導入セミナー(無料)」を受講されると、ロボトレーダーや株、FX、CFDの自動売買のすべてがわかります。
 ご自宅で、都合のいい時間に受講できる、マンツーマンのオンラインセミナーをご利用ください。

ロボトレ導入セミナー申し込みボタン 申し込みボタン

土日祭日も夜間も「ロボトレ導入セミナー」を実施しています。

さらにQ&Aが続きます

 このあとも、さらに「ロボトレーダーRT10」のQ&Aが続きます。

【Q】運用にあたって「月会費」のようなものは必要ですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の運用で、「月会費」のようなものは発生しますか?

【A】16ヵ月目から「売買シグナル利用料&サポート料金」が必要です

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image
株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」サポート料金のイメージ

「ロボトレーダーRT10」の開発、運用には、頻繁なソフトのアップデート(継続的なプログラム開発)や、毎日長時間の相場の監視やシグナル配信、リアルタイム運用情報の配信、パソコン故障時の「引き取りサポート」の実施など、かなりの労力が必要です。
 この運営体制を維持するために、弊社では「ロボトレーダーRT10」の利用に際しては「シグナル利用料&サポート料金」として、月額5,400円(税込)をお支払いいただいています。
 導入時の開発費の中には、「シグナル利用料&サポート料金」が15ヵ月分含まれています。「ロボトレーダーRT10」の導入後16ヵ月目以降も継続して自動売買運用を続けたい場合、「売買シグナル利用料&サポート料金」をお支払いいただきます。
「売買シグナル利用料&サポート料金」は月額5,400円(税込)で、半年分(32,400円)または1年分(64,800円)を、まとめて納入していただくシステムになっています。

【Q】運用をお休みしたり再開したりできますか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の自動売買運用を、休んだり再開したりできますか?

【A】運用の休止や再開が可能です

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

サポート期間終了後、ご希望により運用を休止することができます。運用を休止される場合、休止期間中の「売買シグナル利用料&サポート料金」は不要です。

継続しなければ自動的に「休止」扱いとなります

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」運用休止のイメージ

「ロボトレーダーRT10」のサポート期間が終了した時点で、
継続手続きをしていただかなかった場合は、自動的に「休止」の扱いとなります。
 この場合、休止されるユーザーにお知らせしたのち、ロボトレーダーの自動売買機能を停止します。また、リアルタイム運用情報の配信も停止します。
 運用休止後、いつでも運用を再開することができます。
 再開を希望されるタイミングで、「シグナル利用料&サポート料金」をお支払いください。ロボトレーダーの自動売買機能が有効になり自動売買が再開されます。

【Q】ネット回線は速い方がいいですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」を利用する場合のネット回線は速い方がいいですよね?

【A】通信速度より「安定性」が大事です

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「ロボトレーダーRT10」を接続するネット回線は、「速さ」より「安定していること」が重要です。
 安定した接続を確保するため、Wi-Fi(無線)接続は使わず、原則として有線接続してお使いください。

Wi-Fi(無線)接続は非推奨です

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」WiFiは非推奨で優先接続推奨のイメージ

「ロボトレーダーRT10」は短期間に売買をくり返すようなハイリスクなトレードは行いませんので、ネット回線については特別に通信速度が速くなくてもかまいません。
 ネット回線については「速度」より「安定性」が大切です。したがって、Wi-Fiの場合も、回線の切断が起きるケースがあるため、あまりおすすめできません。
「ロボトレーダーRT10」を接続するネット回線は、原則として「有線接続」を推奨しています。
 なお、最近は少なくなりましたが、たとえば「マンションタイプのADSL」などでは、頻繁に回線が切れてしまうことがあり、回線が切れてしまうと売買シグナルの受信や、証券会社への発注ができなくなるため、ロボトレーダーの自動売買用の回線としては不適切です。
「ロボトレーダーRT10」を接続する回線は、とにかく「切れないこと」「安定していること」を基準にお選びください。

【Q】停電があった場合大丈夫ですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の自動売買運用中に停電があった場合、大丈夫ですか?

【A】停電の影響を受ける場合があります

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「ロボトレーダーRT10」は停電があっても通電後、自動的に再起動して売買を続けます。
短時間の停電なら影響がない可能性が高いですが、停電中はロボトレーダーの動作が停止しますので、長時間の停電があった場合などはロボトレーダーの動作チェックが必要です。

停電があっても通電後、自動的に再起動し自動売買を続行します

「ロボトレーダーRT10」はBiosの「Auto Power On」を利用して、停電があっても通電後、自動的に再起動して売買を続けるよう設定されています。
 ただ、停電の時間が中途ハンパだった場合、たとえば10秒程度の停電だった場合、この機能がうまく働かず、電源がOFFになったままの状態になることがありますので、停電があった場合は動作をご確認ください。

停電中は動作が停止します

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」停電時の注意イメージ

「ロボトレーダーRT10」には、停電後に自動起動して自動売買を継続する機能がありますが、停電中は動作が停止します。短時間の停電なら影響を受けない可能性がありますが、タイミングによっては売買シグナルの不実行など、問題が発生する可能性があります。
 停電中の売買シグナルは受信できませんし、停電中はロボトレーダーから証券会社への自動発注もできません。特に長時間の停電があった場合、ロボトレーダーの動作チェックが必須です。
 停電の障害を避けるため「無停電電源装置」を接続する方法もありますが、たとえば「ルータ」が無停電電源装置に接続されていなければ、売買シグナルの受信はできませんし、停電が頻繁に発生する環境でない限り、無停電電源装置の使用は、あまり意味がないかもしれません。

「運用情報(リアルタイム版)」で売買を確認してください

「ロボトレーダーRT10」の自動売買については、弊社が発行する「運用情報(リアルタイム版)」で、どのような銘柄をどのようなタイミングでトレードしたか、その都度ご報告しています。
 停電の影響で発注が出ていないのでは? といった疑いがある場合、ご自身のパソコンやケータイから、対応証券会社にアクセスして売買の状況をご確認ください。
 その際、たとえば「本当は決済されているはずの銘柄が、停電で発注が通らず残っていた」ような場合には、手作業で決済していただくようお願いいたします。

【Q】「メタトレーダー」との違いは?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

FX(為替)の自動売買ができる「メタトレーダー」というソフトがあります。
「ロボトレーダーRT10」とは、どのように違いますか?

【A】「メタトレーダー」はFX専用のやや難解な自動売買ソフトです

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「メタトレーダー」で自動売買を始めるには、やや手間がかかります。また「メタトレーダー」はFXにしか対応していません。
一方、弊社(株式会社プレコオンライン)の「ロボトレーダーRT10」は簡単に自動売買がスタートでき、株、FX、CFDの自動売買が可能ですが、「ユーザーが設定したロジックで自動売買を行うこと」はできません。

自力で自動売買を実現するのは大変です

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」メタトレーダーで自動売買するのは難しいというイメージ

「メタトレーダー」は他社様が開発、提供されているソフトですので、詳しいことはわかりませんし、間違ったことを書いてしまうかもしれませんので、かならずお客様ご自身でお調べいただきたい、ということを最初に申し上げた上で、ネットから得られる情報や筆者(弊社代表・長谷川)が実際に使ってみた経験を元に説明させていただきます。
「メタトレーダー」はFX(為替)専用の自動売買ソフトで、対応する証券会社に口座を開き、ダウンロードして使うことができます。利用料は基本的に無料です。
 ただ、ダウンロードしてインストールし、ソフトが動くようになるところまで持っていくのも大変ですし、自動売買まで「こぎつける」のはさらに大変です。
 自分で売買システム(EA)を作るとなると、プログラマのレベルのスキルや、プロのトレーダーレベルの知識が必要になります。
「メタトレーダー」は、日本語に対応していますが、日本のトレード環境に対応しているとは言い難く、かなり「クセ」があります。
 以上は実際に筆者が使ってみた感想ですが、自動売買以前に、チャートに自分が表示したいテクニカル指標を表示するといった段階で挫折しそうになります。

弊社の「ロボトレーダーRT10」は自動売買専用ソフトです

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」導入したら3つのロボットが走り出すイメージ

 これに対して弊社(株式会社プレコオンライン)の「ロボトレーダーRT10」は、
「株やFXの売買をやったことがない人でも使える自動売買ソフト」というコンセプトで開発されています。
 弊社の「ロボトレーダーRT10」を導入すれば簡単に自動売買がスタートできます。
 また「ロボトレーダーRT10」は、FX(為替)だけでなく、株とCFD(日経225など)にも対応しています。
 ただし「ロボトレーダーRT10」の導入費用は決して安くありませんし、「ロボトレーダーRT10」では「ユーザーが自分のロジックを設定して自動売買を実行する」といった使い方はできません。

【Q】証券会社が提供する自動売買との違いは?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

FXの証券会社の中には自動売買システムをユーザーに無料で提供しているケースがあるようですが、「ロボトレーダーRT10」の自動売買とはどう違うのでしょうか?

【A】クラウド型の自動売買システムが多いようです。

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

証券会社が提供しているのは、多くの場合「システムトレード」による機械的な自動売買です。また、「ロボトレーダーRT10」がパソコン上で動作するのに対し、証券会社が提供する自動売買は、ネット上で動作する「クラウド型」のアプリケーションであると思われます。

固定的なシステムトレードが自動実行されるしくみ?

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」自動売買ロジックの選択は難しいイメージ

 これは他社様のサービスですので、詳しいことはわかりませんし、間違ったことを書いてしまうかもしれませんので、かならずお客様ご自身でお調べいただきたい、と最初に申し上げた上で、ネットから得られる情報を元に説明させていただきます。
 証券会社が提供する自動売買システムは、いわゆる「クラウド型」のシステムですので、証券会社の口座で「こういう自動売買運用をする」と設定すれば、そのまま運用が始まるといった「手軽さ」があるようです。
 また、自動売買ロジックが何種類も用意されており、その中から自分が「これだ」と思うものを選んで運用するシステムのようです。
 ただ、多数の自動売買ロジックから最適な自動売買ロジックを選ぶのは、なかなか大変な作業ではないか、と思います。
 また、固定的なシステムトレードで運用されるため、最初に選んだシステムで利益が得られなくなったとき、どのタイミングで、どの売買システムに切り替えるか? といった判断も難しそうです。
 現在は、「売買システムの自動切り替え機能」まで提供している証券会社がありますが、これはつまり「損が出たら別のシステムに切り替えられる」ということではないか、と想像します。
 となると、Aというシステムで損が出てBに切り替えられ、Bというシステムでも損が出てCに切り替えられ、といった「マイナスの連鎖」あるいは「たらい回し」が起きないか、ちょっと心配です。
 損をしたあとでシステムの切り替えが行われても、その損を取り返せるかどうか、わかりません。
 また、証券会社が提供する自動売買システムはFXが主流で、株やCFDの自動売買は、まだ提供されていないようです。

運用責任者の「顔」が見えるかどうか?

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」責任者の顔が見えるイメージ

「ロボトレーダーRT10」の場合、運用責任者は弊社代表・長谷川(私)です。それでも最終的にはお客様の「自己責任」で投資をしていただくわけですが、証券会社の自動売買の場合「自己責任」はもちろんのこと、売買システムを作った人がどんな人で、どんな意図で作られたのかといった詳細については、わからないのではないかと思います。
 なお、FXを扱う証券会社には「客の損が利益」という収益構造になっているケースが少なくありません。自動売買のシステムを無料でユーザーに提供していることはどういうことか? と考えてみる必要も、あるかもしれません。

■「ロボトレ導入セミナー(無料)」ですべてがわかる

Webセミナーのイメージ

 弊社の「ロボトレーダー導入セミナー(無料)」を受講されると、ロボトレーダーや株、FX、CFDの自動売買のすべてがわかります。
 ご自宅で、都合のいい時間に受講できる、マンツーマンのオンラインセミナーをご利用ください。

ロボトレ導入セミナー申し込みボタン 申し込みボタン

土日祭日も夜間も「ロボトレ導入セミナー」を実施しています。

さらにQ&Aが続きます

 このあとも、さらに「ロボトレーダーRT10」のQ&Aが続きます。

【Q】「トレードステーション」との違いは?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「トレードステーション」という自動売買用のソフトがあるようです。これと「ロボトレーダーRT10」とは、どう違うのでしょうか?

【A】「メタトレーダー」と同種のソフトです

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「トレードステーション」も「メタトレーダー」と同じく、対応する証券会社がユーザーに提供する、自動売買が可能なソフトです。

自動売買のシステムは自作しなければなりません

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」自動売買システムの選択

「トレードステーション」で自動売買を行うためには、やはりプログラム言語を使うなどして自動売買の「シナリオ」を作成する必要があります。
「自動売買が可能」ではありますが、実際に「自動売買運用をやっている」というところまで進めるためには、相当の労力がかかると見ておくべきでしょう。
「メタトレーダー」「トレードステーション」そして、弊社の「ロボトレーダーRT10」と、いろいろな自動売買システムがありますが、最終的にはユーザーが自分の目的に合ったものを選択するしかないと思います。
 弊社(株式会社プレコオンライン)の「ロボトレーダーRT10」は、くり返し述べていますように、とても簡単に自動売買を開始することができますし、売買ロジックを作ったり、選んだりする必要もありません。
 やはり他者様のソフトですので、ネットなどで得られる情報をもとにお答えしましたが、不正確な点があるかもしれませんので、内容については今一度ご自身でご確認いただくようお願いいたします。

【Q】「ロボアドバイザー」との違いは?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボアドバイザー」という、「ロボット」が投資のアドバイスをしてくれるサービスがあると聞きました。「ロボトレーダーRT10」と同じようなサービスですか?

【A】文字通り「アドバイザー」のようです

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

他社様のサービスですので、詳細はわかりませんが、「ロボアドバイザー」は人工知能を使った投資アドバイスプログラム、といったもののようです。

人工知能はどこまで相場を読めるか?

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」人工知能と相場のイメージ

「ロボアドバイザー」と弊社の「ロボトレーダーRT10」は、名前がよく似ているので、まぎらわしいですね。
「ロボアドバイザー」は「トレーダー(投資をする人)」ではなくて「アドバイザー(アドバイスをする人)」であり、基本的に、そのソフトのアドバイスにしたがって自分でトレードを行うシステムのようです。
 将来的には自動売買にも対応するようですが、まだ、対応証券会社や詳細が明らかになっていないようです。
 たまたま私は、「ロボアドバイザー」がテレビで紹介されているのを見ましたが、チャートを使って過去のデータを簡易的に入力し、そのデータに基づいて自動売買を行うシステムとのことでした。
 要するに「過去と同じ値動きが永遠に続く」という前提のもとに自動売買を行うシステムのようですが、相場で、過去と同じ値動きが長期間にわたって続くことはなく、バックテスト(検証)すらしないようですので、有効性があるかどうかはやや疑問でした。
 弊社の「ロボトレーダーRT10」では「固定的なシステムトレードで勝つことは難しい」ということを前提に、柔軟な自動売買を行います。そして、ロボトレーダーは「人間の知恵や経験」を重視しています。
 将棋や囲碁の世界では、人工知能が名人に勝つ状況になっていますが、金融マーケットの動きには、政治の状況、経済の状況、各国の経済政策や自然災害、紛争、戦争、テロなどの突発的な出来事も影響し、とても流動的です。
 個人的には、「人工知能の分析でトレードに勝てるというレベルには永遠に到達しないのではないか」と考えています。

【Q】「イザナミ」というソフトとの違いは?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「イザナミ」というシステムトレード用のソフトがありますが、「ロボトレーダーRT10」はどう違うのでしょうか?

【A】システムトレード研究用ソフトで自動売買機能はないようです

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

このソフト(イザナミ)は「システムトレード研究用」あるいは「検証用」のソフトで自動売買の機能はないようです。

システムトレードの検証&構築用ソフト?

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」売買システムを研究中のトレーダーのイメージ

 インターネット上に公開されている情報を見る限り、このソフト(イザナミ)は「システムトレード研究用」あるいは「検証用」のソフトで自動売買の機能はないようです。
 つまり、どのような売買システムが有効かを研究するためのソフトであり、自動売買ソフトではないと思われます。
 有効な売買システムを見つけるために、このソフトで売買システムの構築や検証を行い、「これだ」という売買システムが見つかれば手動で売買を行うという使い方をするソフトのようです。
 なお、売買システム開発用のソフトをご検討でしたら、弊社も「チャート力学VS」という「売買システム構築&検証ツール」を販売しています。
「チャート力学VS」はチャートソフトとしての機能も優れており、大変わかりやすいインターフェースで売買システムの構築と検証が可能ですので、ご検討いただければと思います。
 なお、以上の回答には、不正確な部分があるかもしれません。他社様のソフトについては直接その会社にお問い合わせくなど、かならずご自身でお調べくださいますようお願いいたします。

【Q】ほかの自動売買ソフトとの違いは?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

ネットで、ある(ほかの)自動売買ソフトを見つけました。なにか怪しげな感じもするのですが「実績」がすごいので気になります。どう思われますか?

【A】ネット上には玉石混交いろいろなソフトがあります

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

ネット上には玉石混交いろいろなソフトがあります。調べてみないと何とも言えませんが、財務局に登録していない業者(無登録業者)のソフトは購入しない方がいいと思います。

宣伝が誇大ならまず疑ってみた方がいいかもしれません

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」疑わしいソフトには要注意のイメージ

 自動売買ソフトや自動売買システムを販売している業者の中には「金融商品取引業者」として財務局に登録していない(ホームページに「東海財務局長(金商)第123号」のような登録番号の記載がない)「無登録業者」であるケースがあります。
 財務局に登録している業者の場合、たとえばウソの宣伝をすると行政処分が執行され営業ができなくなる恐れがありますが、無登録業者の場合は金融庁の監督が及ばず誇大な宣伝が行われている場合があります。
 たとえば、日経平均が5%しか上昇していない時期に「ウチの自動売買システムは投資資金を100倍した」という自動売買システムがあったとしたら、「怪しい」と疑ってみる必要があるでしょう。
 また、財務局に登録していない無登録業者(会社または個人)の場合、金融庁からの指導が入って営業ができなくなり、ソフトがいきなり販売中止となり、業者との連絡も取れなくなってしまう場合がありますので、注意が必要です。
 基本的に、財務局に登録していない業者(無登録業者)の自動売買ソフトや自動売買システムは購入しない方がいいのではないかと思います。
 また、たとえ弊社と同じような「登録業者(登録番号を掲げて営業している会社)」であっても、違法すれすれの営業活動を行っている投資顧問会社もありますので、まずは疑い、冷静に商品またはサービスを調べて疑問点を解消し、十分な納得の上で自動売買ソフトや自動売買システムを購入、契約されることをおすすめします。

【Q】「自動売買」が暴走する危険はないですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「自動売買」は魅力的ですが、システムが暴走して大損するといった心配はありませんか?

「暴走」といった状態にはなりません

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の自動売買はすべて人間の手を介して行われる「ミラートレード」ですので、「暴走状態」に陥る心配はありません。

「ロボトレーダーRT10」は安全重視のシステムです

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」システム暴走のイメージ

「自動売買」には、もしもシステムが暴走したら、投資資金が消えてなくなってしまうのではないか? といった「恐怖感」があるかもしれませんが、「ロボトレーダーRT10」について言えば、逆に「じれったい」ほど慎重な自動売買システムです。
「自動売買システムの暴走」とは、意図しない発注がどんどん出てしまい、その結果、予期しないレベルの損失が発生することを指すのだと思いますが、「ロボトレーダーRT10」は、そもそも、ロボトレーダー自身が自動発注をすることはなく、人間の手を経た「売買シグナル」がロボトレーダーに送られ、その「売買シグナル」に基づいて、ロボトレーダーが証券会社に発注するしくみです。
 したがって、「意図しない発注がどんどん出てしまう」という心配がありません。
「ロボトレーダーRT10」は、チャンスがない相場では何日でもトレードせずに待ちます。
 なお、ノートレードが何日も続くと、ユーザーは、「ロボトレーダーは何もしないじゃないか」とじれったく感じるかもしれません。
 しかし、運用責任者の長谷川が終日相場を観察しながら「チャンスがない(トレードしない方がいい)」と判断してトレードせずにいるのであって、「何もしていない」わけではありません。

【Q】ユーザーの売買や口座は「監視」されていますか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の電源は御社が送信する命令でOFFになるとのことですが、そこまでコントロールできるとなると、ユーザーの(私の)パソコンの中身を見られたり取引を監視されたりもするのでしょうか?

【A】いいえ。監視はしていません。

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「ロボトレーダーRT10」の運用では弊社からユーザーのパソコンに「電源OFF」のシグナルを送信して、パソコンの電源を切るといったオペレーション(操作)を行いますが、ユーザーのプライバシーを侵害する行為は行いません。

トレードの状況や口座の状況は見ていません

株式会社プレコオンライン「ロボトレーダーRT10」監視はしていませんイメージ

 操作する側で電源の操作までできるなら、こちらのパソコンの中身も丸見えでは? と心配される方がおられるかもしれませんが、弊社がユーザーの「ロボトレーダー」の売買の詳細、口座の状況、個人情報などを参照することはありません。
 そもそも、「ロボトレーダーRT10」には、ユーザーの個人情報を弊社が参照できる機能がありません。
「ロボトレーダーRT10」の電源の遠隔操作はWindowsのAPIという機能を使って実現していますが、実は電源OFFはできても電源ONはできません。APIの機能は万能ではなく制限があるのです。
 弊社は、ユーザーが困ることや法律的に問題があるような行為は一切行いません。たとえば、ユーザーのパソコンを自動売買とは無関係に遠隔操作するなどといったことも行いません。

【Q】「ロボトレーダー」は「遠隔操作」されているのですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」は、電源ONから電源OFFまで全自動とのことですが、いわゆる「遠隔操作」用の特殊なソフトがインストールされいて「遠隔操作」されているのですか?

【A】いいえ「遠隔操作」ではありません。

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

いいえ「遠隔操作」ではありません。「ロボトレーダー」は自立的に動作します。

「遠隔操作用の特殊なソフト」などは一切インストールされていません

「ロボトレーダー」は朝6時半に自動起動しますが、これは、BIOSというしくみを使った「タイマー起動」です。こちらで操作して起動させているのではありません。
 また、「ロボトレーダー」は午後3時以降に、自動終了します。
 自動終了の時刻は相場の状況によって異なりますから、この「終了」こそ「遠隔操作」ではないか、と思われるかもしれません。
 しかし、「ロボトレーダー」の終了処理は、弊社からのシグナルをキッカケにはしますが、Windows API というしくみを使ってロボトレーダー自身が行います。
 終了(電源OFF)のタイミングは、弊社が指示しますので、その意味では「遠隔操作」と言えなくはありませんが、一般的に「パソコンの遠隔操作」とは、まず対象となるパソコンに「遠隔操作用の特殊なソフト」をインストールし、そのソフトを介して、対象となるパソコンを、まるで目の前にある自分のパソコンと同じように、自由自在に操作することを指します。
「ロボトレーダー」には「遠隔操作用の特殊なソフト」はインストールされていませんし、こちらで、ユーザーさんのパソコンの中身を見たり、ファイル操作をしたり、といったことは一切できないようになっています。
 もちろん個人情報の保護にも万全を期しています。

【Q】「ロボトレーダー」は投資信託のようなものですか?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「ロボトレーダーRT10」は、結局、御社に資金を預ける、投資信託(ファンド)のようなものと考えればいいですか?

【A】いいえ「一任勘定」ではありません。「投資助言」の一形態です。

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

 いいえ、弊社の「ロボトレーダーRT10」による運用は、いわゆる「一任勘定」ではありません。あくまでも「投資助言(投資顧問)」サービスの一形態です。

資金はユーザーの口座にあり、ユーザーの自由な発注操作が可能です

「ロボトレーダー」の自動売買において、ユーザーは、いつでも、「ロボトレーダー」の動作を止めることができますし、「ロボトレーダー」が買った銘柄を、すぐにご自身の意思で売ることもできます。
 パソコンやケータイ(スマホ)などで、ご自身の口座にアクセスすることで、自由に発注操作が可能ですから、「ロボトレーダー」が発注した売買注文を、ユーザーが取り消すことも自由に行うことができます。
「ロボトレーダー」の自動売買では、弊社がユーザーの投資資金を「お預かりする」ことは一切ありません。
 ユーザーの資金はユーザーご自身の証券口座にあり、ユーザーの証券口座には、当然ながら、ユーザーがいつでもアクセスできますし、どのような発注も可能です。
 もちろん、投資資金の出金も自由に行えます。
「ロボトレーダー」の自動売買は、第三者に資金を預けて、第三者に投資を「一任」する「一任勘定」ではありません。

【Q】ホームページに記載がないことを質問したいのですが?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

自分が質問したいことが、このホームページに載っていませんが、どうしたらいいでしょうか?

お電話やメールでお問い合わせください

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

このページにないご質問については、お電話やメールでお問い合わせください。かならずお答えします。

お電話やメールでお問い合わせください

電話をかける女性のイメージ

「ロボトレーダーRT10」についてのご質問は、弊社ダイレクトサポート、
・090-3588-9600(長谷川直通)、または、
・0573-25-9600(こちらも長谷川直通)
 へどうぞ。
 お電話は、土日祭日含む、朝10時より夜10時まで、受け付けています。
 なお、まれに留守電になっている時間帯もございます。その場合はメッセージをお残しください。コールバックさせていただきます。
 メールでのお問い合わせも受け付けています。
・メール: m@preco.co.jp

「お問い合わせフォーム」からのご質問も可能です。

 下のボタンをクリックして「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせいただくこともできます。ご利用ください。

お問い合わせフォームボタン

【Q】システムトレードとは?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

基本的な質問になってしまうかもしれませんが、このホームページでもたびたび出てくる「システムトレード」とはどのようなものですか?

【A】ルールを決めて機械的に行うトレードのことです

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

たとえば「日足にゴールデンクロスが出現したら買う。10%の利益が乗ったら手じまい、5%の損失が出たら損切りする」というように一定のルールに基づいて機械的に実行するトレードのことです。

1つの売買システムで稼ぎ続けるのは難しい

システムトレードのイメージ

「システムトレード」について説明すれば、本一冊分の説明をしても足りなくなりますが、上記の例のように売買のルールを決め、その通り機械的に実行するトレードのことです。
 一般的な手順としては、①まず過去のトレードの経験やアイデアに基づき売買ルール(売買システム)を作成します。②次に作成した売買ルールが有効かどうか(利益が上がるかどうか)を、過去データによって試します。これがバックテストです。③その売買ルール(売買システム)の有効性が確認できれば実行します。
 ただ、システムトレードは、あくまでも過去データによるシミュレーションに基づくトレードであり、「未来の相場も過去と同じように動く」という前提が有効でなければ機能しません。
 しかし実際のところ相場の状況は変わりやすく、1つの売買ルールが(売買システム)が20年30年といった長期間にわたって有効性を保つことは、ほとんどありませんし、2008年のリーマンショックのような経済的な大きな「事件」が起きると、それまで有効だった売買システムが逆に「やればやるほど損になる」といった「逆回転現象」が起きる場合もありますので、単純なシステムトレードで「利益を出し続ける」のは、かなり難しいことであると言えます。

【Q】裁量トレードとは?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

「裁量トレード」とはどのような手法のことを言うのでしょうか? どういった点が「システムトレード」と異なるのでしょうか?

【A】簡単に言えば人間の「カン」によるトレードです

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

「裁量トレード」とは、人間の判断(裁量)によるトレードという意味です。要するに「人間の経験やカンによるトレード」ということです。

「裁量トレード」のレベルはやる人によって違う

真夜中のトレーダーのイメージ

「裁量トレード」は、ときに「システムトレード」と対比され、「システムトレードはルールが決まっているが裁量トレードはルールが決まっていない。だから裁量トレードは、いい加減なトレードだ」と批判されることがあります。(僕自身、過去の自分の著書の中でこういった主旨のことを述べています。)
 しかし、経験豊かなトレーダーの「裁量トレード」が、とてもよい結果を出し続けることもあります。人間はテクニカル分析やニュースなどの情報収集による情勢分析、過去の経験則などを組み合わせて高度な判断を行うことができますから、「裁量トレードこそベスト」という考え方のトレーダーも少なくありません。
 厳密なルールを設けて行われる「裁量トレード」も存在しますから、「裁量トレード、イコール、いい加減なトレード」とも言えません。
「システムトレード」にしても「裁量トレード」にしても、やる人によって、その内容やレベルは様々であり厳密な定義は存在しません。ですから「システムトレード」がよくて「裁量トレード」がダメだ、というように単純な判断はできないと思います。
 ついでに言えば、相場の世界でよく使われる「逆バリ」「順バリ」といった手法名についても、明確な定義はなく、使う人ごとに意味が異なるので、「順バリがいい」「逆バリはダメだ」といった判断や評価も、あまり意味がないと考えています。

【Q】「完全自動売買システム」とは?

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」q_logo_image

御社のホームページでたびたび出てくる「完全自動売買」とは、どのようなシステムのことを指していますか?

【A】 弊社の「完全自動売買」の定義

株式会社プレコオンライ「ロボトレーダーRT10」a_logo_image

弊社では、ユーザーの手間が「ほぼゼロ」である自動売買システムを「完全自動売買システム」と呼んでいます。
 もちろん弊社の「ロボトレーダーRT10」も「完全自動売買システム」です。

オートメーション

 弊社では、以下の6つの条件を満たす自動売買システムを「完全自動売買システム」と呼んでいます。
[check]パソコンの電源が自動的にONになる(朝6時半に自動起動)
[check]自動売買ソフトが自動的に起動する
[check]最適な自動売買ストラテジ(売買戦略)が自動的に選択される
[check]トレードする銘柄が自動的に選択される
[check]発注、注文変更、利食、損切などトレードのすべての操作が自動実行される
[check]取引終了後、自動的終了し、パソコンの電源が自動的にOFFになる
 つまり、「完全自動売買システム」とは、ユーザーが手を触れることなくパソコンが自動起動して、トレードの全操作が自動実行され、トレード終了後に自動終了する自動売買システムのことです。
 新製品の「ロボトレーダーRT10」はもちろん、この条件を満たしていますし、弊社が開発してきた「株ロボRS08」などの旧製品も、「完全自動売買システム」の条件を満たしています。
 さまざまな「自動売買」ソフトや「自動売買」システムがありますが、「自動売買」にも、いろいろなレベルのものがあります。
 できるだけ手間をかけずに「自動売買」を実現できるシステムを導入するのが、賢い選択と言えるのではないでしょうか。(注:弊社の「株ロボット」や「ロボトレーダー」は、ユーザーにとっては「完全自動売買」ですが、内部処理については、ミラートレードなどで「人が処理する工程」を含みます。)

■「ロボトレ導入セミナー(無料)」ですべてがわかる

Webセミナーのイメージ

 弊社の「ロボトレーダー導入セミナー(無料)」を受講されると、ロボトレーダーや株、FX、CFDの自動売買のすべてがわかります。
 ご自宅で、都合のいい時間に受講できる、マンツーマンのオンラインセミナーをご利用ください。

ロボトレ導入セミナー申し込みボタン 申し込みボタン

土日祭日も夜間も「ロボトレ導入セミナー」を実施しています。

投資のリスクについて

 あらゆる金融商品にリスク(損失を被る恐れ)があり、「ロボトレーダーRT10」による自動売買についても、当然ながら投資のリスクは避けられません。
 投資のリスクについて十分にご理解の上、「ロボトレーダーRT10」の導入をご検討ください。

ロボトレーダーの情報は全9ページです。下のボタンで各ページに移動します。

■ プレコオンラインへのお問い合わせは…
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第123号 株式会社プレコオンライン
電話:0573-25-9600(土日祭日含む朝10時~夜10時まで電話受付)